金利負担が大きい場合の借り換えローン

急にお金が必要になったので即日借入に対応しているカードローンを利用したものの、後から利用したカードローンを見てみると思った以上に金利が高かったというケースもあります。
特に消費者金融や即日借入のように融資のスピードに対して力を入れているところが多い一方で金利については銀行と比較した場合に少し高めで設定されているため、借りてから完済するまでの期間が長くなってしまうような場合は金利の支払いも多くなってしまいます。
 
金利の負担が大きいと感じるような場合は借り換えローンを利用する方法をおすすめしますが、これは既存の借金をもっと金利が低い金融機関でお金を借りて完済してしまうというものです。
基本的にカードローンというのは繰り上げ返済にかかる手数料などは不要なので借り換えローンにかかる負担は大きくありません。
 
また、金利が低い銀行だと即日借入に対応してないことも多いので急にお金の借り入れが必要になった場合に最初は消費者金融で借りておいて後から銀行で借り直すという方法もあります。
銀行の場合は総量規制の影響を受けないので借りている金額に関係なくお金の借り入れができる可能性があります。
 
ただし、銀行よりも消費者金融の金利の低いパターンもあるので一概に銀行の金利が低いということや消費者金融の金利が高いということは言えない部分もあります。
できれば即日借入をするところで完済したいと思うので急ぎでも事前情報はしっかりと収集しておきましょう。

このページの先頭へ