計画性を持つ大切さ

財布即日借入で借りる金額が数万円程度であれば、次の給料日にまとめて返すこともできるかもしれませんが、即日で借りる金額が10万円を超えてくると一気に返済することは難しくなってくるのでいくつかに分けて返済することになります。
 
即日借入で借りる場合も他のローンでお金を借りる場合も借りているお金に対しては完済する限り一定の金利が発生しており、返済の時に金利も一緒に返済するのが基本になりますが、借りている金額が長期化すればするほど余分に払う金利も増えることになります。
 
そのため、毎月1万円を返済している場合に金利のことを考えない場合は何となく1万円ずつ借金が減っているように感じますが、1万円の中で数千円程度は金利として支払っていることもあるので、元金は思った以上に減ってない可能性があります。
これが即日借入を可能にしているカードローンの怖いところでもありますが、カードローンを利用する場合は計画性をきちんと持って借りないといけません。
そのためにもお金を借りる場合は必ず事前に返済シミュレーションを活用して借りる金額に対してどれくらいの金利が付加されるかということも考えておく必要があります。
 
また、借りたお金の返済が厳しい状態になった場合はその状態を放置するのではなく必ず借りている金融機関に相談をして、どうにもならない場合は弁護士や司法書士に依頼して借金整理のための債務整理を進める準備を始める必要が出てきます。

このページの先頭へ