保証人や担保の設定

昔は銀行や消費者金融からお金を借りるためには保証人や担保の設定をするのが普通でしたが、保証人というのはお金を返済することができなくなった場合に代わりに返済してくれる人のことで担保というのは住宅やマイカーのように支払いができなくなった場合に代わりとなるものです。
 
昔は連帯保証人になってしまって自分が作った借金でもないのに数千万円から数億円という借金が一夜にして自分に降りかかることもありましたが、今は即日借入をする場合でも保証人や担保は不要になっているところが大半です。
 
即日借入において保証人や担保を設定しなくていいのは、保証会社という会社が仲介として入り、その会社が保証人や担保としての役割を果たしてくれるからで、お金を貸し出す銀行や消費者金融が一定のお金を保険料として支払っていて、もし債務者が自己破産をした場合でも金融機関側に保険金が下りるという仕組みになっています。
そのため、保証人や担保が不要な場合に即日借入をする場合は同時に保証会社の審査を受けることになりますが、金融機関の審査よりも厳しく設定されていることが多くなっています。
 
また、債務整理をしたからといって借金返済の義務が無くなるわけではなく、債務整理をした後は即日借入をしていた金融機関に対してではなく代わりに払ってもらった保証会社に対してコツコツ返済を進めていくことになります。
そのような状況にならないためにも計画性を持った借り入れが大切です。

このページの先頭へ