サラ金とは?

話を聞くビジネスマンサラ金と聞くと何だか嫌なイメージという人が多いと思います。
特に一昔前は消費者金融の代名詞でもあったことから違法金利で貸し付ける消費者金融というイメージがそのまま残っているかもしれません。
 
今でこそ消費者金融のカードローンサービスも低い金利で利用することができるようになっていますが、法律が改正される前というのは当たり前に違法金利で貸し付けをしていたような時代だったので借り過ぎて返済できなくなる人もたくさんいました。
 
サラ金という名称がついたのはサラリーマンが利用するというところからですが、今はフリーターや主婦も借り入れの条件に入っているため、サラリーマンという名称を使用するのは時代にも合っていません。
サラ金と言われていた頃から即日借入に対して力を入れていた金融機関は多くありましたが、金融機関からお金を借りる目的の中で多かったのがすぐに借りたいという目的だったので即日借入に力を入れるのは消費者の声に反応したものでもあります。
 
サラ金という名称が使用されなくなり消費者金融やキャッシングと呼ばれるようになったカードローンのサービスは現代においても即日借入に対応しており、速いところだと申し込みをしてから数時間以内でお金を借りることができるようになっています。
 
また、インターネットが普及してからはシステムのIT化が進んだ背景もあってスマホやパソコン、タブレット端末などを使用しても申し込みをすることが可能になりました。

このページの先頭へ